コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツマタモク

海藻海草標本図鑑の解説

ヤツマタモク

付着器は盤状根。茎は円柱状で,1〜数本直立し,上部から主枝を数本出す。枝が脱落したところはこぶ状になって残る。枝は二稜形で両縁に薄くなり,小さく ジグザグに曲がっている。ねじれは見られない。枝や葉は両縁から互生に出る。葉は細長い線状で全縁。中央部が厚くなり中肋状になる。気胞は紡錘形〜楕円形 で,頂端には細長い線状の冠葉を持つ。藻体の表面には石灰藻が覆っているのがよくみられる。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

ヤツマタモクの関連キーワードエゴノリ(恵胡海苔)桜島海域公園地区竹野海域公園地区モズク(水雲)ホンダワラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android