コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤツマタモク

1件 の用語解説(ヤツマタモクの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ヤツマタモク

付着器は盤状根。茎は円柱状で,1〜数本直立し,上部から主枝を数本出す。枝が脱落したところはこぶ状になって残る。枝は二稜形で両縁に薄くなり,小さく ジグザグに曲がっている。ねじれは見られない。枝や葉は両縁から互生に出る。葉は細長い線状で全縁。中央部が厚くなり中肋状になる。気胞は紡錘形〜楕円形 で,頂端には細長い線状の冠葉を持つ。藻体の表面には石灰藻が覆っているのがよくみられる。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤツマタモクの関連キーワードアカモク絹頭巾松海苔国際原器太藺オニクサキュウリココヤシヒジキ柱状炭