コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤドリギ科 ヤドリギか Loranthaceae

2件 の用語解説(ヤドリギ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤドリギ科
ヤドリギか
Loranthaceae

双子葉植物ビャクダン目の1科。新旧両大陸の熱帯から温帯にかけて広く分布し,30~50属約 1300種がある。いずれもほかの樹木に寄生しながら,みずからも緑葉をもって光合成を行う半寄生植物である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤドリギ科
やどりぎか
[学]Loranthaceae

双子葉植物、離弁花類。宿主の幹に寄生する半寄生の常緑低木。葉は厚い革質で鋸歯(きょし)はなく、ときに鱗片(りんぺん)状。花は両性または単性、花床が隆起して基部を包んで萼筒(がくとう)状となり、その縁(へり)に53~56枚の花被(かひ)片がつく。雄しべは花被片と同数で、それと対生の位置につく。子房は下位。果実は液質の萼状筒に包まれて液果状で、外果皮の内面に粘膜があり、ここから出る粘液で果実を宿主の幹に付着させる。熱帯から温帯に36属約1300種あり、日本にはヤドリギ、ヒノキバヤドリギなどが分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤドリギ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物ビャクダン(白檀)金白檀白檀香白檀油網状脈双子葉類ビャクダン油ワビャクダン

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone