コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナギノリ

1件 の用語解説(ヤナギノリの意味・用語解説を検索)

海藻海草標本図鑑の解説

ヤナギノリ

からだは細い円柱線状。分枝は明瞭な主軸から広い角度で各方面に出し,小枝も同様に出る。枝の付け根はくびれがある。先端は丸みを帯び尖らない。細胞層を みると,外皮層には小さな球形の細胞が並び,内皮層にはやや大きな細胞が1〜2層並ぶ。髄層は大きな無色の細胞からなり,中軸細胞を囲むように5個の周心 細胞がみられる。手触りはやや質感があるが,空気中にさらされると柔らかくなり,淡水につけるとすぐに変色しボロボロに崩れる。生体は褐色〜赤紫色。押し 葉標本は台紙によく付く。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤナギノリの関連キーワードイギス石毛円柱レンズ簇柱牛の竹篦オニクサホソメコンブマツモマイクリナイトクロモ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone