コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤナーチェク:草が茂る小道を通って/piano solo Po zarostlem chodnicku

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ヤナーチェク:草が茂る小道を通って/piano solo

ヤナーチェクがモラヴィアの民謡採集に取り組み、その成果が初めて如実に表されたと言える作品。民俗音楽の語法を下地にしながら、ツィンバロン(東欧地方で見られる大型の打弦楽器)を思わせる打鍵や、まだ色濃く ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

ヤナーチェク:草が茂る小道を通って/piano soloの関連キーワードヤナーチェク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android