コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤネホソバ(屋根細翅) ヤネホソバEilema fuscodorsalis

1件 の用語解説(ヤネホソバ(屋根細翅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤネホソバ【ヤネホソバ(屋根細翅) Eilema fuscodorsalis】

鱗翅目ヒトリガ科の昆虫。翅の開張2~3cm。春型は大きく,前翅は橙黄色または淡黄色の地に灰色鱗を散布し,前縁部だけが帯状に黄色のことが多いが,夏型は開張2cm内外と小さく,前翅は橙褐色のことが多い。東北地方南部以西に広く分布し,平野部に多い。成虫は春,初夏および初秋の3回発生し,よく灯火に飛来する。幼虫は地衣類を食べる毛虫で,体色が地衣とそっくりである。わらぶき屋根,屋根瓦,板塀などに生えたコケによく発生し,糸をたらして人家内に垂下してくるため,幼虫の刺毛によって皮膚に炎症が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone