コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤネホソバ(屋根細翅) ヤネホソバ Eilema fuscodorsalis

1件 の用語解説(ヤネホソバ(屋根細翅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤネホソバ【ヤネホソバ(屋根細翅) Eilema fuscodorsalis】

鱗翅目ヒトリガ科の昆虫。翅の開張2~3cm。春型は大きく,前翅は橙黄色または淡黄色の地に灰色鱗を散布し,前縁部だけが帯状に黄色のことが多いが,夏型は開張2cm内外と小さく,前翅は橙褐色のことが多い。東北地方南部以西に広く分布し,平野部に多い。成虫は春,初夏および初秋の3回発生し,よく灯火に飛来する。幼虫は地衣類を食べる毛虫で,体色が地衣とそっくりである。わらぶき屋根,屋根瓦,板塀などに生えたコケによく発生し,糸をたらして人家内に垂下してくるため,幼虫の刺毛によって皮膚に炎症が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤネホソバ(屋根細翅)の関連キーワード枯葉蛾孔雀蝶蝙蝠蛾天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾サラサ灯蛾綴蛾灯蛾

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone