コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤハズグサ(矢筈草) ヤハズグサDictyopteris latiuscula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤハズグサ(矢筈草)
ヤハズグサ
Dictyopteris latiuscula

褐藻類アミジグサ目アミジグサ科の海藻。漸深帯の比較的深いところに生じる。藻体は多少分岐するが中肋が発達していて矢羽を思い起させる。全長 30cmぐらいになる。同属のものにシワヤハズ (皺矢筈) ,エゾヤハズ,ヘラヤハズ (篦矢筈) など数種がある。本州太平洋岸中南部,瀬戸内海,九州西岸に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤハズグサ(矢筈草)の関連キーワードエゾヤハズ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android