コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブカ(藪蚊) ヤブカ

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブカ【ヤブカ(藪蚊)】

狭義には双翅目カ科ヤブカ属Aedesに属する昆虫の総称だが,一般には草むら,山野で刺しにくるカの総称。ヤブカ属はもっとも多数の種を含む群で,熱帯はもとより北極圏まで分布する。黒白の縞が特徴的なヒトスジシマカA.albopictusはなかでもふつうで,日本の東北地方以南では都市,農山村の別をとわず昼間屋外で好んで人を刺す。黄熱病の伝播をするので有名なネッタイシマカA.aegyptiもこの近縁種で,ともに熱帯地にはとくに多く,デング熱を媒介する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤブカ(藪蚊)の関連キーワードヤブカデング熱キャロルフィンライMVRDVシマカ一条縞蚊羽鳥藪蚊樺太藪蚊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android