コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブカンゾウ(藪萱草) ヤブカンゾウHemerocallis fulva f. kwanso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブカンゾウ(藪萱草)
ヤブカンゾウ
Hemerocallis fulva f. kwanso

ユリ科の多年草ワスレグサともいう。日本と中国に分布し,平地,丘陵地に普通に生える。根生葉は,線形で2列に並んで叢生し,斜上する。夏に,1mほどの花茎を出し,先が分枝して橙色の美花をつける。1日花で昼間開き,夜にはしぼんでしまうが,次々に別の花が開くので花期は比較的長い。八重咲きが普通で,おしべ,めしべは不規則に花弁化する。種子はできず,根茎からつる枝を出してふえる。若葉は食用になる。ノカンゾウ,キスゲニッコウキスゲなどと同属で,これらはいずれも1日だけ花をつけるため英語では day lily呼ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報