コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブシメジ(藪占地) ヤブシメジClitocybe acromelalga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブシメジ(藪占地)
ヤブシメジ
Clitocybe acromelalga

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。ドクササコ (毒笹子) ,ヤケドキン (火傷菌) ともいう。秋に,マダケの林 (まれにタケ林以外にもみられる) に孤生または数個ずつ叢生する。子実体は直径5~10cm,浅い漏斗形。傘の表面は湿っているときにはやや粘りけがあり,色は初め橙黄色,のちに黄赤褐色になる。裏面のひだは成熟すると淡黄褐色。柄は太さ5~15mm,高さ4~8cmで,基部はやや太くなっている。胞子紋は白色。このキノコを食べると数日後,手足の末端に火傷を負ったような激痛が起り,重症のときは数週間継続して非常に苦しむ。生命には別状ないとされている。本州の各地に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報