コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブタビラコ(藪田平子) ヤブタビラコLapsana humilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブタビラコ(藪田平子)
ヤブタビラコ
Lapsana humilis

キク科の越年草で,日本全域と中国大陸に分布する。田の縁や林,藪地などに普通に生える。根出葉は長い柄があって,羽状に分裂し,頂片は大きく,先は円頭である。4~6月に,株の中心から数本の花茎を伸ばし,高さ 10~30cmほどで,数個の小さい茎葉をつける。茎は上部で分枝し,径 1cm弱の黄色の頭状花をまばらな総状花序状につける。頭花舌状花のみで,花後は総包球形となり下を向く。赤褐色痩果は長さ2~3mmで冠毛はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤブタビラコ(藪田平子)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android