コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブデマリ(藪手毬) ヤブデマリViburnum plicatum var. tomentosum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブデマリ(藪手毬)
ヤブデマリ
Viburnum plicatum var. tomentosum

スイカズラ科の落葉低木。アジア東部の暖温帯に分布する。関東地方以南の暖地の谷筋や湿った林内に普通に生える。幹は高さ2~4mで若枝は星状毛が密生し褐色になる。葉は長さ6~12cmの長楕円形で対生し,鋭い鋸歯があって,若いときは下面に毛が密生している。5~6月に,水平に伸びた枝に1対の葉をつけ,その短枝の先に散房花序をつける。花序の中央部には多数の白色花 (両性花) を密につけ,外周部には白い大きな装飾花が並んで中央の両性花を囲む。この装飾花は不稔である。核果は夏に熟し,初め赤くのちに黒くなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤブデマリ(藪手毬)の関連キーワードテマリバナ(手毬花)スイカズラ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android