コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) ヤブヘビイチゴDuchesnea indica var. major

1件 の用語解説(ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)
ヤブヘビイチゴ
Duchesnea indica var. major

バラ科の多年草。日本,東南アジアインドに分布し,原野や路傍に普通に生える。茎は地上をはい,全体に絹毛をかぶる。ヘビイチゴに似ているが全体が大型で,緑色が濃い。葉は長い柄をもち,3枚の小葉から成り,小葉は卵形で鋸歯がある。托葉は広披針形で膜質である。4~5月に,有毛の花柄を腋生し,先端に1個の黄色い5弁の花をつける。萼5枚,副萼5枚はともに緑色である。花後,花托が球状にふくらみ,淡紅色,海綿状となる。痩果はほとんど平滑,真紅色である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone