コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブレグサ

海藻海草標本図鑑の解説

ヤブレグサ

からだは膜状で,基部から円形に広がるが,放射状裂け目が入りやすい。生体はくすんだ緑色を呈する。細胞層は2層。手触りセルロイド質で,アナアオサナガアオサなどの他のアオサ属に比べやや厚い。アオサ属のほとんどの種類が,明緑色を呈するが,本種は体内では赤い色をしているシホナキサンチンという光合成色素を持つため,暗緑色をしている。一 般的に,海中では緑色の光が最も深くまで到達するため,緑色の光を効率的に利用するためにはその補色である赤色の色素が必要となる。紅藻類はフィコエリト リン,褐藻類はフコキサンチンという体内では赤い色をしている色素を多量に持っているが,緑藻類の多くは赤い色素を欠いており,生理生態学的に深所まで分 布することができない。しかし,ヤブレグサ,チャシオグサ,ミル属などはシホナキサンチンを持つことにより,緑色の光を効率良く利用できるため,緑藻類の中では数少ない深所にまで分布できる種類であると考えられている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報