コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマアイ(山藍) ヤマアイMercurialis leiocarpa; mercury

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマアイ(山藍)
ヤマアイ
Mercurialis leiocarpa; mercury

トウダイグサ科の多年草。北海道を除く日本各地の山の樹陰に生える。地下茎は長くはい,乾くと紫色になる。茎は群生し,稜があって断面は四角形をなし,高さ 25~50cmで毛はない。葉は対生し柄があり,楕円形でまばらに毛がある。葉のつけ根には披針形膜質の托葉がある。雌雄異株。3~4月に,穂状花序を腋生し,2~3個ずつ固まってまばらに小さい緑色の花をつける。雄花は3裂したと多数のおしべ雌花は鱗片状の3個の萼とめしべ1本がある。 蒴果は球形の2個の小片に分れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマアイ(山藍)の関連キーワードトウダイグサ科ちはや

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android