コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマウツボ(山靫) ヤマウツボLathraea japonica Miq.

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマウツボ【ヤマウツボ(山靫) Lathraea japonica Miq.】

山地の湿気のある落葉樹林中に生えるゴマノハグサ科の寄生植物。全体,白色でやや褐紫色を帯び,ヤシャブシなどの木の根もとに群生する。茎は直立して高さ15~30cmになり,地下茎は多肉の鱗片状の葉で密に覆われる。地上の花茎には,まばらに大型の鱗片葉がある。花は5~7月,花茎の先に密につける。花冠は筒形で先は唇形となり,白色でやや赤紫色を帯び,長さ約12mm。蒴果(さくか)は倒卵形で先がとがり,長さ約5mm,1~2個の種子をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android