コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマウルシ(山漆) ヤマウルシRhus trichocarpa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマウルシ(山漆)
ヤマウルシ
Rhus trichocarpa

ウルシ科の落葉小高木で,アジア東部に広く分布する。日本各地の山地,丘陵地に普通に生える。幹は高さ3~8mになり,若枝灰白色で褐色の毛が多い。葉は大きな羽状複葉で,楕円形の小葉が 11~17枚あり,両面に短毛がある。5~6月に,葉腋円錐花序を生じる。雌雄異株で,花は黄緑色,萼片と花弁はともに5枚である。核果は扁球形で淡黄褐色の剛毛があり,外皮ははがれやすく,内側の白い中果皮が露出する。秋に紅葉が美しい。ウルシほどではないが人によってはかぶれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤマウルシ(山漆)の関連キーワードウルシ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android