コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマエンゴサク(山延胡索) ヤマエンゴサクCorydalis lineariloba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマエンゴサク(山延胡索)
ヤマエンゴサク
Corydalis lineariloba

ケシ科の多年草。東アジアの温帯に広く分布する。本州や九州の山林路傍に生える。地下の塊茎球形,径 1cmぐらいでここから地上に1~2本の茎を出す。茎は高さ 10~20cm,最下位の葉は鱗片葉となる。茎葉は2個で有柄,2回3出複葉で小葉はササの葉のように細い線形をなし下面は白っぽい。このためササエンゴサクの名もある。4~5月に,総状花序を頂生し,淡紅紫色の花をつける。包葉は菱状卵形で先は3~5裂する。広披針形の 蒴果を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマエンゴサク(山延胡索)の関連キーワードケシ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android