コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマコウバシ(山香し) ヤマコウバシLindera glauca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマコウバシ(山香し)
ヤマコウバシ
Lindera glauca

クスノキ科の落葉低木。北海道を除く日本各地の山地に生じ,幹は高さ 5mぐらいで,直立し樹皮は茶灰色,枝は堅くてもろい。葉は長楕円形,柄があり互生し,下面は緑白色で軟毛がある。4月頃,新芽とともに柄のある散形花序を腋生し,淡黄緑色の小花をつける。花被は6裂,おしべ9本は外側に6本,内側に3本が二重に輪生する。果実は秋に黒熟し,多少辛みがある。冬の間,枯れた葉は枝に残り,翌春になって落ちる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマコウバシ(山香し)の関連キーワードクスノキ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android