コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマソテツ(山蘇鉄) ヤマソテツPlagiogyria matsumureana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマソテツ(山蘇鉄)
ヤマソテツ
Plagiogyria matsumureana

キジノオシダ科の夏緑性シダ植物で,ホソバキジノオ,ヒノキゼンマイともいう。四国以北の日本の温帯および南千島に広く分布し,亜高山帯の樹陰に群生する。九州では屋久島の高地に産し,同属のシマヤマソテツ P. stenopteraと混生する。根茎は太く,短く斜上し単羽状の葉を叢生する。葉は長さ 80cm前後に達し,栄養葉と胞子葉の区別があり,栄養葉の羽片には鋸歯がある。夏,胞子葉を直立する。胞子嚢の環帯は斜めに1回完全に巻く。若芽は食用となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマソテツ(山蘇鉄)の関連キーワードキジノオシダ科

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android