コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマトリカブト(山鳥兜) ヤマトリカブトAconitum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマトリカブト(山鳥兜)
ヤマトリカブト
Aconitum japonicum

キンポウゲ科の多年草。日本各地の山地に普通にみられる。地下に円錐形の太い根茎があり,これは毎年新しい根が横につくられて更新する。アルカロイドを含み,毒性が強い。まれに漢方薬に使われることもあるが用法がむずかしく,誤ると致死的で非常に危険である。茎は直立し,高さ 1m内外,上部の茎はやや曲り,しばしば分枝する。全体に無毛,葉は長い柄があり,3~5裂する掌状葉で,裂片に鈍い鋸歯がある。8~10月,茎の上方に短い円錐花序をつけ,鮮かな青紫色の花を多数つける。5個のうちかぶと状の萼は肉質で,中部の2個はやや円形,内面に毛があり,下部の2個は小さい。袋果に毛がない。地方により変異が多く,いくつもの亜種や変種に分けられる。分類のむずかしい群の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマトリカブト(山鳥兜)の関連キーワードトリカブト(鳥兜)キンポウゲ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android