コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマドリタケ(山鳥茸) ヤマドリタケBoletus edulis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマドリタケ(山鳥茸)
ヤマドリタケ
Boletus edulis

担子菌類マツタケ目アミタケ科。夏秋に,林の下の地面に生える。子実体の傘は丸い山形ないしは扁平で7~27cm,縁は丸みを帯びている。表面は湿ると粘りけをもち,黄土色黄褐色ないしは褐色を呈する。下面には管孔を生じ,初め白色で次第に黄色となり,のちに暗緑色となる。柄は径3~6cmで下部は太くなり,長さ 10~15cmに及ぶ。淡黄色ないしは淡褐色で鍔 (つば) はなく,上半部または全面に白っぽい網目がある。胞子紋は褐色。食用にされる。北海道から九州に産し,ヨーロッパ,北アメリカアフリカオーストラリアにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android