ヤマハ YZ400F

日本の自動車技術240選の解説

ヤマハ YZ400F

”MXマシンには2stが最適である”という概念を打ち破った初めてのモデル。軽量、ハイパワーの2stエンジンに対し、広いパワーバンド、スロットルの開度に応じ極低速からリニアに立ち上がる4stエンジン特性は、無駄なホイルスピンを防ぎ、リアのトラクションを飛躍的に向上させた。この”扱いやすい”ことは”疲れにくい”ことにつながり、30分以上コースを走り続けるMXレースにおいても高いポテンシャルを確保できた。無駄の少ない4stマシンの高い戦闘力は、AMAレースで初年度総合優勝を果たした。その後一気に市場に浸透し、現在では4stモトクロサーが主流となった。保管場所ヤマハ発動機株式会社 コミュニケーションプラザ
製作(製造)年1997
製作者(社)ヤマハ発動機株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名YZ400F
型式5BE1
会社名ヤマハ発動機株式会社
車種・用途オフロードコンペ
実車所在/模型コミュニケーションプラザ
製作開始年1997
スタイルモトクロッサー
乗員1名
車両重量107kg(乾燥重量)
全長2176mm
全幅827mm
全高1303mm
前照灯なし
タイヤサイズ(前)80/100-21
タイヤサイズ(後)110/90-19
フレーム鋼管セミダブルクレードル
懸架方式(前)テレスコピック
懸架方式(後)スイングアーム(モノクロス)
軸距1496mm
車高調整
ステアリングバーハンドル
ブレーキ(前)油圧シングルディスク
ブレーキ(後)油圧シングルディスク
ダンパー(前)オイルダンパー
ダンパー(後)ガス封入式オイルダンパー
種類水冷4サイクルDOHC 5バルブ
気筒配列単気筒
弁機構DOHC 5バルブ
気化器FCR39×1
内径x行程92.0mm×60.1mm
排気量399cm3
点火系C.D.I
最高出力/回転数40.4kw(55.0PS)/9000r/min
最大トルク/回転数45.7kw(4.67kgf・m)/7000r/min
潤滑方式ドライサンプ
始動方式キック
燃料タンク容量8.0?
変速機常時噛合式全身5段
動力伝達方式ギア(1次) チェーン(2次)
クラッチ形式湿式多板
特徴レースで勝てる戦闘力を備えた初の4ストロークエンジン搭載の市販モトクロスマシン

出典 社団法人自動車技術会日本の自動車技術240選について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android