コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハッカ(山薄荷) ヤマハッカIsodon inflexus; Japanese peppermint

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマハッカ(山薄荷)
ヤマハッカ
Isodon inflexus; Japanese peppermint

シソ科の多年草。アジア東部の温帯から暖帯に広く分布し,日本各地の日当りのよい山野に普通にみられる。地下茎塊状で木化し,茎は四角柱状で直立し,高さ 40~80cmとなって上部で多数分枝する。茎には下向きの毛が並ぶ。葉は対生し長さ3~6cmの卵形で鈍い鋸歯があり,葉柄は両側に翼がある。秋に,枝先に短い集散花序を穂状に数段つける。花は青紫色で小型の唇形花。萼は鐘形で先が5中裂し,細毛をもつ。花冠は2唇形で上唇は直立し,先が浅く4片に裂け内側に紫斑がある。下唇は前方へ水平に突き出す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android