コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマハンノキ(山榛木) ヤマハンノキAlnus hirsuta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマハンノキ(山榛木)
ヤマハンノキ
Alnus hirsuta

カバノキ科の落葉高木。日本各地の山地に自生し,高さ 15m以上にもなるが小さな木も多い。葉は円形に近く,基部は心臓形となり,葉縁は5~8浅裂してさらに細かい鋸歯をもつ。葉の表は黄緑色,裏は灰白色。葉裏に毛の多いものをケヤマハンノキといって区別する場合もある。春早く,葉を出す前に花をつける。雄花序は細長い円柱状で,尾のように垂れ下がり,黄色い花粉を大量に出す。雌花は紫色で,小型の松かさ状。熟すると長さ 2cmほどの果球をつくり,翌年の開花期まで残る。樹皮や果実にタンニンを含み,古くから染料として用いられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヤマハンノキ(山榛木)の関連キーワードカバノキ科

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android