コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマヒコノリ Evernia mesomorpha form. esorediosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマヒコノリ
Evernia mesomorpha form. esorediosa

サルオガセ科の樹状地衣類。深山の樹皮上に着生する。樹枝状でやや押しつぶされた形をしているが背腹性にはなっていない。太さは 3mmほどで,高さは5~8cmとなる。深い皺をもち,帯緑黄色をしている。髄層は白,ゴニジアは球形の緑藻類から成る。栗色で皿状の子器を生じる。その大きさは 5mmほどであるが,ときに 1cmに及ぶものもある。本種は日本の各地に産するが,北ヨーロッパにはコフキヤマヒコノリ E. mesomorphaが広く分布する。これは粉芽をよく生じる。日本にもまれにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマヒコノリ
やまひこのり
[学]Evernia esorediosa (Mll. Agr.)

地衣類サルオガセ科の1種で、針葉樹林帯の樹皮に着生する。地衣体は不規則に枝分れし、長さ5~8センチメートル、黄緑色で、やや扁平(へんぺい)となる。北海道から本州にかけて分布するほか、朝鮮半島にもみられる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤマヒコノリの関連キーワード井上

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android