コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマモモ科 ヤマモモか Myricaceae

2件 の用語解説(ヤマモモ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマモモ科
ヤマモモか
Myricaceae

双子葉植物クルミ目の1科。熱帯から周極地方まで世界のほぼ全域に分布し,3属約 50種がある。高木または低木で,葉は通常互生し,ときに枝先に輪生状に集る。花は単性花で,雌雄異株または同株につく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマモモ科
やまももか
[学]Myricaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑の高木または低木。葉は互生し、単葉で腺点(せんてん)がある。花は短い穂状花序をなし、単性まれに両性。雄花は1枚の包葉と2枚の小包葉に包まれて数本の雄しべがあるが、多くは小包葉を欠く。雌花は1枚の包葉と2枚の小包葉の中に、1本の雌しべがある。果実は核果または翼果。北半球の熱帯から亜寒帯に広く分布し、3属約50種知られ、日本にはヤマモモ、ヤチヤナギが分布する。[山崎 敬]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマモモ科の関連キーワード子葉双子葉植物托葉単子葉植物主根禾本科合弁花類浜菱網状脈双子葉類

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone