コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤムシ(矢虫) ヤムシarrow worm

世界大百科事典 第2版の解説

ヤムシ【ヤムシ(矢虫) arrow worm】

毛顎動物門に属する無脊椎動物の総称(イラスト),またはそのうちの1種を指す。ヤムシ類はすべて海中で浮遊生活する。体側にひれがあり,矢のようにすばやく直進するところからこの名がある。日本近海から30種ほどが知られている。 体長はふつう1~4cmであるが,オオヤムシSagitta hexapteraのように10cmほどになるものもある。体は無色透明で,横隔膜によって頭部,体幹,尾節の3部に区分され,内部は三つの体腔になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヤムシ(矢虫)の言及

【毛顎動物】より

…無脊椎動物の1動物門。ヤムシarrow wormと呼ばれる動物群で海産のプランクトンとして出現する。体長は,1~4cmくらいで細長く,頭,胴,尾の3部に分かれる。…

【毛顎動物】より

…無脊椎動物の1動物門。ヤムシarrow wormと呼ばれる動物群で海産のプランクトンとして出現する。体長は,1~4cmくらいで細長く,頭,胴,尾の3部に分かれる。…

※「ヤムシ(矢虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android