ヤリカタギ(読み)やりかたぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤリカタギ
やりかたぎ
butterfly fish
[学]Chaetodon trifascialis

硬骨魚綱スズキ目チョウチョウウオ科に属する海水魚。相模(さがみ)湾以南の太平洋とインド洋のサンゴ礁域に分布。体は卵形で全長15センチメートルに達する。背びれと臀(しり)びれは角張ることと、臀びれに棘(とげ)が4個もあること、体側の連続した「く」の字状の模様で、ほかのチョウチョウウオ類と区別が可能。ミスジチョウチョウウオとともに造礁サンゴのポリプ(個虫)を食べるので、生きた造礁サンゴのある浅海域でしか生息できない。そのため観賞価値があるにもかかわらず飼育は困難である。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヤリカタギの言及

【チョウチョウウオ(蝶々魚)】より

…また,サンゴ礁にすむ豊富な小型の生物を餌にするとともにサンゴのポリプ自体も食べる。種類によって違うが,ヤリカタギのように消化管の中はサンゴポリプだけでいっぱいという種もある。このほかおもにプランクトンを食べるもの,小型甲殻類を食べるもの,サンゴ礁に着生する藻類を食べるものなどいろいろあり,それぞれに適合した吻(ふん)の形態が見られる。…

※「ヤリカタギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android