コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤルンカン Yalun Kang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤルンカン
Yalun Kang

ヒマラヤ山脈東部,ネパールとインドのシッキムとの国境にあるカンチェンジュンガ山群の高峰。カンチェンジュンガ峰の西にあって,その西峰と考えられている。南にヤルン氷河,東にカンチェンジュンガ氷河がある。山名はヤルン氷河の源頭にある峰ということから,京都大学学士山岳会が使用していたものである。標高は G.ディーレンフルトやボッサールによると 8420m,最も高いもので京都大学学士山岳会の 8505mとなっている。京都大学学士山岳会隊は 1964年ネパール政府の登山許可を取ったが,翌年からの登山禁止令で 10年間入山できず,73年5月に西堀栄三郎を隊長として初登頂をなしとげた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android