コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤンチュワン(陽泉)特別市 ヤンチュワンYangquan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤンチュワン(陽泉)〔特別市〕
ヤンチュワン
Yangquan

中国華北地方,シャンシー (山西) 省東部にある新興の鉱工業都市。3市区と2県から成る。タイハン (太行) 山脈の西斜面にあり,シータイ (石太) 鉄道が通る。ピンティン (平定) 県下の小村であったが,鉄道の開通と炭田の開発によって発展し,1952年市制がしかれた。炭田は埋蔵量 27億tといわれ,良質の半無煙炭を産する。製鉄用のほか鉄道用,動力用,民用として華北各地に供給している。ほかに鉄,硫化鉄ボーキサイト耐火煉瓦用粘土なども埋蔵されている。中型鉄鋼コンビナートがあり,鉱山機械,碍子,耐火煉瓦などの工場も建設されている。砂貨,鉄器などの手工芸品を特産する。人口 116万 6258,うち市区人口 57万 4832 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤンチュワン(陽泉)特別市の関連キーワードシャンシー(山西)省

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android