コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤン・ヨーステン Jan Joosten van Lodenstijn

世界大百科事典 第2版の解説

ヤン・ヨーステン【Jan Joosten van Lodenstijn】

?‐1623
オランダの貿易家。1600年(慶長5)オランダ船リーフデ号で,豊後佐志生に漂着した。同船航海士W.アダムズ(三浦按針)と同様,徳川家康から江戸に住宅を与えられた。八重洲の地名は,彼の名に由来するといわれる。12‐21年(慶長17‐元和7)の間に朱印状を得て,シャム,パタニ,コーチシナカンボジアトンキンなど,タイ,インドシナ半島の各地に10回船を派遣し,貿易に従事した。1609年平戸にオランダ商館が開設されると,毎年江戸と平戸を往復し,幕府との交渉を助けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤン・ヨーステンの関連キーワードJanJoostenVanLondensteyn東京都中央区八重洲ヤン・ヨーステンサントフォールトヨーステン天竺徳兵衛朱印船貿易バタビアアダムズリーフデ朱印船耶揚子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android