コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤン・ヨーステン Jan Joosten van Lodenstijn

1件 の用語解説(ヤン・ヨーステンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤン・ヨーステン【Jan Joosten van Lodenstijn】

?‐1623
オランダの貿易家。1600年(慶長5)オランダ船リーフデ号で,豊後佐志生に漂着した。同船の航海士W.アダムズ(三浦按針)と同様,徳川家康から江戸に住宅を与えられた。八重洲の地名は,彼の名に由来するといわれる。12‐21年(慶長17‐元和7)の間に朱印状を得て,シャム,パタニ,コーチシナカンボジア,トンキンなど,タイ,インドシナ半島の各地に10回船を派遣し,貿易に従事した。1609年平戸にオランダ商館が開設されると,毎年江戸と平戸を往復し,幕府との交渉を助けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤン・ヨーステンの関連キーワードオランダ語オランダ商館オランダ通詞オランダ東インド会社オランダ渡りダッチヤンヨーステンオランダの犯罪JanJoostenVanLondensteynヤン=ヨーステン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone