ヤーコポ・オルティスの最後の手紙(読み)やーこぽおるてぃすのさいごのてがみ(英語表記)Ultime lettere di Jacopo Ortis

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤーコポ・オルティスの最後の手紙
やーこぽおるてぃすのさいごのてがみ
Ultime lettere di Jacopo Ortis

イタリアの詩人、作家ウーゴ・フォスコロの小説で、イタリア文学におけるロマン主義の幕開きを告げるもの。1802年にミラノで刊行されたが、重要な増補を加えたチューリヒで刊行の1861年版がある。ルソー『新エロイーズ』の影響から、青年ヤーコポ・オルティスが友人にあてた書簡の形をとって、作者の実体験をなぞるかのように、ナポレオン時代のイタリアの変転する政治情勢下、オルティスの放浪と恋愛、その双方における挫折(ざせつ)と幻滅、その果ての自殺までを物語る。若々しい直感が全編を支配し、ロマン派の先駆者アルフィエーリに似た激しく沈鬱(ちんうつ)な詩情がみなぎる。物語叙述のうえで、政治・社会教育のうえで、スタイルのうえで新時代を画したこの作品は、1800年代前半にまれにみる成功を博し、それゆえに作者フォスコロは亡命、客死を強いられたが、リソルジメントを担う最初の世代は、この本によって自己教育を行ったといっても過言ではない。[古賀弘人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android