コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤード・ポンド法 ヤードポンドほう foot‐pound‐second system

1件 の用語解説(ヤード・ポンド法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤードポンドほう【ヤード・ポンド法 foot‐pound‐second system】

長さの単位ヤード,質量の単位常用ポンドおよび時間の単位セカンド(秒)を基本単位として構成された英語圏諸国の計量単位系。元来はイギリス度量衡単位系であり,その起源は古くかつ多元的で,多くはローマ帝国征服期にさかのぼる。エリザベス1世の1580年代に整備されはじめ,イギリスの対外的な発展とともに世界各地で使われるようになった。1824年にイギリスで度量衡法が制定され,同国内ではほぼ現代の度量衡法に近い単位系ができあがるが,このとき容量の基本単位の大きさを一新したため,旧来の標準器の系統の単位を用いてきた諸国との間に相違が生じ,各国で独自の単位系が使われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヤード・ポンド法の関連キーワードトロイフートヤード・ポンド法キンタルヤードポンド法クオーター封度ハートリーの単位系

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤード・ポンド法の関連情報