コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤームナーチャーリヤ Yāmunācārya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤームナーチャーリヤ
Yāmunācārya

11世紀頃のインドの哲学者。制限不二論を唱えたラーマーヌジャの師匠。ビシュヌ派の一派であるシュリー・バイシュナバ派の教理を確立した。著書『アーガマ・プラーマーニヤ』のほかに『シッディトラヤ』,"Gītārthasaṃgraha"など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android