ヤームナーチャーリヤ(英語表記)Yāmunācārya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤームナーチャーリヤ
Yāmunācārya

11世紀頃のインドの哲学者。制限不二論を唱えたラーマーヌジャの師匠。ビシュヌ派の一派であるシュリー・バイシュナバ派の教理を確立した。著書『アーガマ・プラーマーニヤ』のほかに『シッディトラヤ』,"Gītārthasaṃgraha"など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android