ヤーン(Niels K. Jerne)(読み)やーん(英語表記)Niels K. Jerne

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤーン(Niels K. Jerne)
やーん
Niels K. Jerne
(1911―1994)

免疫学者。ロンドンに生まれたが、両親はともにデンマーク人で、デンマークとイギリスの国籍をもつ。オランダのライデン大学で物理学を学んだが、デンマークのコペンハーゲン大学に移り、医学に転向、1951年に卒業した。デンマーク国立血清研究所、カリフォルニア工科大学、世界保健機関(WHO)で研究生活を送り、1960年にジュネーブ大学の生物物理学教授に就任した。その後、ピッツバーグ大学微生物学主任教授(1962~1966年)、ドイツのヨハン・ウォルフガング・ゲーテ大学実験治療学教授(1966~1969年)、バーゼル免疫学研究所長(1969~1980年)、パスツール研究所免疫学特別顧問(1981~1982年)を歴任した。

 免疫システムの解明に取り組み、1955年に生体内には抗体を産生する細胞が先天的に存在するという「抗体形成の自然選択説」を提唱した。1971年には細胞が抗原に反応するリンパ球にかわっていく抗体産生のメカニズムを示した「体細胞変異理論」を発表し、さらに1974年には、免疫系は複数の抗体が相互作用するネットワークを形成しているという「ネットワーク説」を提唱した。これら一連の「免疫系の発達と制御の特定性に関する理論」を確立したことにより、1984年にノーベル医学生理学賞を受賞した。モノクローナル抗体の生産の原理を発見したG・J・ F・ケーラー、C・ミルスタインとの同時受賞であった。

[編集部]

『石田寅夫著『ノーベル賞からみた免疫学入門』(2002・化学同人)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android