コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユイ(玉)山 ユイさんYu shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユイ(玉)山
ユイさん
Yu shan

タイワン(台湾)の最高峰。標高 3952m。チョンヤン(中央)山脈南半の西側に並行するユイシャン(玉山)山脈の主峰である。新第三紀粘板岩硬砂岩からなる。チュオシュイ(濁水)渓カオピン(高屏)渓などタイワンでは大きな川が流出している。北回帰線付近にあり,熱帯から寒帯にいたる植物の垂直分布がみられる。日本領時代には新高山(にいたかやま)と呼ばれた。(→ユイ〈玉〉山国家公園

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユイ(玉)山の関連キーワードチョンヤン(中央)山脈チュオシュイ(濁水)渓ユイ(玉)山国家公園カオシュン(高雄)県カオピン(高屏)渓タイワン(台湾)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android