コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺) ユウマダラエダシャク Abraxas miranda

1件 の用語解説(ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユウマダラエダシャク【ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺) Abraxas miranda】

鱗翅目シャクガ科の昆虫。翅の開張3~4.5cm。体は橙黄色,腹部に黒紋を連ねる。翅は乳白色,灰色の紋が多数ある。前翅基部は橙黄色,その外側に黒褐色帯があり,後角近くに大きな紋がある。日本全土,朝鮮半島,中国東北に分布する。関東から近畿の平野部では,春と夏の2回成虫が出現し,食樹の付近を昼間弱々しく飛ぶし,灯火にも飛来する。幼虫は黒色のシャクトリムシで,淡黄色の帯や線がある。年2回の発生がふつうだが,秋に成虫が羽化することもあって,幼虫はいろいろの発育段階で越冬し,ときには年内に蛹化(ようか)することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)の関連キーワード枯葉蛾孔雀蝶尺蛾天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾黄毒蛾草蜉蝣鯱蛾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone