ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺)(読み)ユウマダラエダシャク(英語表記)Abraxas miranda

世界大百科事典 第2版の解説

ユウマダラエダシャク【ユウマダラエダシャク(夕斑枝尺) Abraxas miranda】

目シャクガ科の昆虫。翅の開張3~4.5cm。体は橙黄色腹部に黒を連ねる。翅は乳白色,灰色の紋が多数ある。前翅基部は橙黄色,その外側に黒褐色帯があり,後角近くに大きな紋がある。日本全土,朝鮮半島,中国東北に分布する。関東から近畿の平野部では,春と夏の2回成虫が出現し,食樹の付近昼間弱々しく飛ぶし,灯火にも飛来する。幼虫黒色シャクトリムシで,淡黄色の帯や線がある。年2回の発生がふつうだが,秋に成虫が羽化することもあって,幼虫はいろいろの発育段階で越冬し,ときには年内に蛹化(ようか)することもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android