コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウレイボヤ(幽霊海鞘) ユウレイボヤ Ciona intestinalis

1件 の用語解説(ユウレイボヤ(幽霊海鞘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユウレイボヤ【ユウレイボヤ(幽霊海鞘) Ciona intestinalis】

ホヤ綱ユウレイボヤ科の原索動物イラスト)。夜間にぼんやり光るようすからこの名がある。水温が0~30℃以上でも生活できるため,日本各地から世界各地に広く分布していて,内湾の養殖いかだ桟橋や船底に付着する。体は高さ7~8cmの円筒形で,後端で他物に付着する。体の外皮は淡黄色か透明な軟らかいゼラチン質なために体内の構造がすけて見える。筋膜体の各側には5~7本の著しい縦走筋帯がある。入水孔は前端にあって管状にのび,出水孔は入水孔のやや後方に開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユウレイボヤ(幽霊海鞘)の関連キーワードアカボヤ原索動物尾索類亜門半索動物幽霊烏賊幽霊蜘蛛光海鞘海鞘魚介類

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone