コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユウレイボヤ(幽霊海鞘) ユウレイボヤCiona intestinalis

1件 の用語解説(ユウレイボヤ(幽霊海鞘)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユウレイボヤ【ユウレイボヤ(幽霊海鞘) Ciona intestinalis】

ホヤ綱ユウレイボヤ科の原索動物イラスト)。夜間にぼんやり光るようすからこの名がある。水温が0~30℃以上でも生活できるため,日本各地から世界各地に広く分布していて,内湾の養殖いかだ桟橋や船底に付着する。体は高さ7~8cmの円筒形で,後端で他物に付着する。体の外皮は淡黄色か透明な軟らかいゼラチン質なために体内の構造がすけて見える。筋膜体の各側には5~7本の著しい縦走筋帯がある。入水孔は前端にあって管状にのび,出水孔は入水孔のやや後方に開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone