コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユキヤナギ(雪柳) ユキヤナギSpiraea thunbergii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキヤナギ(雪柳)
ユキヤナギ
Spiraea thunbergii

バラ科の落葉小低木。本州中南部,南日本および中国大陸に分布する。川沿いの岩上に生え,また観賞用にも普通に栽培される。幹は高さ1~2mで根もとから束生し,枝は細く,若枝に短い軟毛を生じる。葉は互生し狭い披針形で長さ2~4cmあり,鋭頭,ほとんど無毛で縁には細かい鋸歯がある。全体としてヤナギの葉を思わせる。3~4月頃,新葉とほぼ同時に白色の小花を3~7個つけ,花序は枝上に連続して並ぶ。萼は裂片が三角状卵形で花弁は長楕円形,つけ根の部分は細い爪状をしている。袋果は無毛,革質で熟すると裂開する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユキヤナギ【ユキヤナギ(雪柳) Spiraea thunbergii Sieb.】

別名をコゴメバナともいうバラ科の落葉低木(イラスト)。茎は高さ1~1.5mで叢生する。葉は狭披針形で先はとがり,ふちには鋸歯があり,無毛。花は小さく,花弁は5枚,普通3~4月に咲き,多数で白色,その美しさからこの和名がある。古くから栽培され,花壇や生垣に普通に見られるが,中国原産といわれる。本州西部,四国および九州の川岸には野生状に生育しているところもある。湿り気が少なく,日当りの良い場所を好み,株分け挿木により容易に繁殖し,促成栽培により冬の切花として利用されることも多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android