コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスカラン Yuscarán

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスカラン
Yuscarán

ホンジュラス南部の都市。エルパライソ県の県都。首都テグシガルパの東南東約 50km,標高約 1000mの地に位置する。地元での金・銀鉱山の発見に伴って 1744年に建設され,スペイン植民地時代に鉱山町として繁栄。同鉱山は 19世紀に休山したが,1940年代再開。現在周辺の農業地帯の中心地でもあり,穀物や果実を集散する。首都と道路で結ばれる。人口 2155 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android