コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスチヌス2世 ユスチヌスにせいJustinus II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユスチヌス2世
ユスチヌスにせい
Justinus II

[生]?
[没]578.10.4.
ビザンチン皇帝 (在位 565~578) 。ユスチニアヌス1世の甥で近衛司令官をつとめ,帝の死後即位。先帝の獲得した旧西方領のうちイタリアはランゴバルド族の侵入を受け (568) ,まもなくその大部分が占領され,スペインの帝国領も西ゴート族の侵入を受け失った (572) 。アバール人のドナウ川南下,さらにはアルメニア領をめぐりササン朝ペルシアとの抗争が再燃 (571) 。ダラ陥落 (573) 後,精神に錯乱をきたし,皇妃ソフィアのすすめで将軍チベリウスを養子とし (574) ,実務をまかせ,退位するまで名目上の皇帝としてとどまった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユスチヌス2世の関連キーワードユスチニアヌス朝チベリウス2世

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android