コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:教師と生徒のためのチェンバロ/piano solo Cembalum pro duobus

1件 の用語解説(ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:教師と生徒のためのチェンバロ/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:教師と生徒のためのチェンバロ/piano solo

この作品は彼が残した3つの教則本のうち最初に出版された一冊。「教師と生徒のための」とされているが、連弾を意味するのではなく、この作品集によって教師と生徒ともに鍵盤楽器演奏の向上につながる、という彼の意 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:教師と生徒のためのチェンバロ/piano soloの関連キーワードバイエル教則教則本教本車屋忠右衛門ユスティヌス、ア・デスポンサツィオネ・BMV:音楽の労作/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone