コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユダの手紙 ユダのてがみLetter of Jude

世界大百科事典 第2版の解説

ユダのてがみ【ユダの手紙 Letter of Jude】

新約聖書中《公同書簡》と呼ばれる手紙の一つ。著者はみずからを〈ヤコブの兄弟ユダ〉と称して(1:1),明らかにイエスの弟ユダであることを意図しているが,これが真正の手紙でないことは大多数の学者が認めている。1人のユダヤ人キリスト者によって1世紀末~2世紀初めに執筆されたものと思われ,当時の異端としてのグノーシス主義を論駁しようとしている。《ペテロの第2の手紙》との思想的類似があり,4世紀末になってようやく正典として認められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ユダの手紙の関連キーワード新約聖書ユダ書愛餐

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android