ユダの手紙(読み)ユダのてがみ(英語表記)Letter of Jude

世界大百科事典 第2版の解説

ユダのてがみ【ユダの手紙 Letter of Jude】

新約聖書中《公同書簡》と呼ばれる手紙の一つ。著者はみずからを〈ヤコブの兄弟ユダ〉と称して(1:1),明らかにイエスの弟ユダであることを意図しているが,これが真正の手紙でないことは大多数の学者が認めている。1人のユダヤ人キリスト者によって1世紀末~2世紀初めに執筆されたものと思われ,当時の異端としてのグノーシス主義を論駁しようとしている。《ペテロの第2の手紙》との思想的類似があり,4世紀末になってようやく正典として認められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android