コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニオン・ラベル union label

世界大百科事典 第2版の解説

ユニオン・ラベル【union label】

製品に貼付された組合のラベル。労働組合の闘争手段のひとつであるボイコット戦術のひとつ。〈組合を交渉相手として承認せよ〉〈賃金率を上げよ〉などの組合の要求を使用者が拒否した場合,当該企業の製品やサービスの不買を労働者に呼びかける運動がそれである。マス・メディアを利用したキャンペーンが行われる場合が多い。 アメリカの労働組合運動は,使用者の反組合主義が強かったこともあって,使用者に組合を承認させる手段として,ボイコット戦術を頻繁に利用した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ユニオン・ラベルの関連キーワードユニオン・ラベル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android