コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニオン・ラベル union label

世界大百科事典 第2版の解説

ユニオン・ラベル【union label】

製品に貼付された組合のラベル。労働組合の闘争手段のひとつであるボイコット戦術のひとつ。〈組合を交渉相手として承認せよ〉〈賃金率を上げよ〉などの組合の要求を使用者が拒否した場合,当該企業の製品やサービスの不買を労働者に呼びかける運動がそれである。マス・メディアを利用したキャンペーンが行われる場合が多い。 アメリカの労働組合運動は,使用者の反組合主義が強かったこともあって,使用者に組合を承認させる手段として,ボイコット戦術を頻繁に利用した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ユニオン・ラベルの関連キーワードユニオン・ラベル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android