コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニオン・ラベル union label

1件 の用語解説(ユニオン・ラベルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユニオン・ラベル【union label】

製品に貼付された組合のラベル。労働組合の闘争手段のひとつであるボイコット戦術のひとつ。〈組合を交渉相手として承認せよ〉〈賃金率を上げよ〉などの組合の要求を使用者が拒否した場合,当該企業の製品やサービスの不買を労働者に呼びかける運動がそれである。マス・メディアを利用したキャンペーン行われる場合が多い。 アメリカ労働組合運動は,使用者の反組合主義が強かったこともあって,使用者に組合を承認させる手段として,ボイコット戦術を頻繁に利用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユニオン・ラベルの関連キーワードICFTU官公労全逓第二組合法外組合労働組合期成会労働世界黄色組合赤色組合単位組合

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone