コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニクロ対決 ゆにくろたいけつ

知恵蔵miniの解説

ユニクロ対決

2014年全米オープンテニス男子シングルス準決勝ノバク・ジョコビッチ対錦織圭戦のこと。対戦する両選手がユニクロウエア契約をしていることから、この準決勝を、ユニクロの公式ツイッターが「ユニクロ対決」と表現し、マスコミがそれを受けて見出しなどで使用した。試合開始当初、錦織は赤のボーダーウエア、ジョコビッチは白いウエアだったが、第2セット途中で錦織が白のウエアに着替え、中盤から両者は非常に似た装いで戦う一戦となった。試合は3-1で錦織圭が制し、決勝に進出した。この対決を受けて、両選手が着用したウエアはニューヨークや東京・銀座など、ユニクロの旗艦店で品薄、ないしは売り切れとなった。

(2014-9-9)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android