コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユネスコ・エコパーク

1件 の用語解説(ユネスコ・エコパークの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユネスコ・エコパーク

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「人間と生物圏」計画の一環で認定する「生物圏保存地域」の通称。世界遺産が「手つかずの自然を守る」ことが原則なのに対し、「自然の保全と利用の調和を図る」取り組みが評価される。国内では、屋久島志賀高原、白山、大台ケ原・大峰山の4地域が1980年に指定されている。

(2011-05-22 朝日新聞 朝刊 宮崎全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユネスコ・エコパークの関連キーワード教育科学国連教育科学文化機関無形文化遺産教育差別禁止条約世界ジオパークCIOMSUATIユネスコ条約火山都市国際会議ユネスコ無形文化遺産

ユネスコ・エコパークの関連情報