コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユネスコ記憶遺産事業(MOW)

1件 の用語解説(ユネスコ記憶遺産事業(MOW)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ユネスコ記憶遺産事業(MOW)

文書や絵画、音楽、映画など世界の重要な記憶遺産の保護を目的にユネスコが実施する事業。MOWは「メモリー・オブ・ザ・ワールド・プログラム」の頭文字。国などから登録申請を受け、真正性や重要性、価値などを審査し登録する。これまでドイツの「ベートーベンの交響曲第9番の草稿」など200件近い登録がある。

(2010-04-07 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユネスコ記憶遺産事業(MOW)の関連キーワード陰刻三才コンクール大役トップニュース要路慰み書ハードアセットペーパーアセット

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone