コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユビナガコウモリ(指長蝙蝠) ユビナガコウモリ bent‐winged bat

1件 の用語解説(ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユビナガコウモリ【ユビナガコウモリ(指長蝙蝠) bent‐winged bat】

翼手目ヒナコウモリ科の哺乳類。虫食性のコウモリで,前肢の第3指(中指)の第2指骨が著しく長いので,この名がある。ヨーロッパ南部,アジアオーストラリアに広く分布し,日本では北海道伊豆七島をのぞく本州,四国,九州およびその属島にいる。前腕長47~48mm,頭胴長60~67mm。頭が小さく,耳介も短い。いっぽう翼は細く,幅が狭い。翼をたたむとき,第3指の第2指骨を前方に折り曲げる。飛翔(ひしよう)力が強く,アマツバメのように高速で高空を飛ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユビナガコウモリ(指長蝙蝠)の言及

【コウモリ(蝙蝠)】より

…昼は洞窟の壁の割れ目,人家の天井裏や屋根瓦の下,壁の間,樹洞およびタケの割れ目などに入ったり,あるいは洞窟や廃坑の天井,大木の枝などにぶら下がって休息する。ユビナガコウモリのように海食洞に何千もの大群をなすもの,コテングコウモリのように単独または数頭で生活するものなどがある。いずれも鳥やネズミのような巣をつくらないが,シュロの葉をかじって折り,テントのようなおおいをつくってねぐらとするものもある。…

※「ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)の関連キーワード翼手類油蝙蝠大蝙蝠小笠原大蝙蝠菊頭蝙蝠血吸蝙蝠天狗蝙蝠日避猿兎蝙蝠山蝙蝠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone