コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリウス[2世] Julius II

1件 の用語解説(ユリウス[2世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ユリウス[2世]【Julius II】

1443‐1513
外交および学芸保護で名を成した教皇。在位1503‐13年。前名ジュリアノ・デラ・ロベレGiuliano della Rovere。イタリアサボナ東郊のアルビッソラに生まれ,伯父の教皇シクストゥス4世から多くの司教領を与えられ,1471年枢機卿に昇進。教皇インノケンティウス8世(在位1484‐92)の即位と政策に大きな影響を及ぼしたが,次のアレクサンデル6世の在位中(1492‐1503)はフランスに亡命。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のユリウス[2世]の言及

【ラテラノ公会議】より

…(4)第4回(1215) インノケンティウス3世Innocentius IIIによって召集され,異端鎮圧や第4回十字軍をはじめ,神学,典礼,教会法など多くの議題が論議された。(5)第5回(1512‐17) ユリウス2世Julius IIが反教皇的なピサ公会議(1511)に対抗するために開催したが,緊急に必要とされる改革はほとんど手をつけられずに終わった。【今野 国雄】。…

【キリスト教】より

…ニコラウスをふくめて10代の教皇を〈ルネサンス教皇〉と呼ぶ。シクストゥス4世(在位1471‐84)はバチカン図書館を改造し,システィナ礼拝堂を建て,あるいはユリウス2世(在位1503‐13)は聖ペテロ大聖堂を建てたが,これらのことは教皇の霊的権威を少しも回復するものではなかった。 中世におけるキリスト教のゲルマン化は,上述のように教皇権と皇帝権との対立のなかで自由と抵抗権の確保をめぐって起こったが,これをさらに内側からみて,修道院の成立とそこから生み出された敬虔と学問について述べねばならない。…

【パトロン】より

…ランブール兄弟に《いとも豪華なる時禱書》を描かせたベリー公ジャン,多くの巨匠や詩人たちを保護したメディチ家の当主たちをはじめとして,ルネサンス期の君主や商人の多くが,美術史に芸術保護者としての名を残している。ブラマンテ,ミケランジェロ,ラファエロを招き,ローマにおけるルネサンスを開花させた教皇ユリウス2世,デューラーを招いた皇帝マクシミリアン1世,晩年のレオナルド・ダ・ビンチを厚遇したフランス王フランソア1世などもあげられる。17世紀には,中央集権国家が宮廷とアカデミーを軸として,いわば国家政策として芸術の育成,保護に努める。…

【ラテラノ公会議】より

…(4)第4回(1215) インノケンティウス3世Innocentius IIIによって召集され,異端鎮圧や第4回十字軍をはじめ,神学,典礼,教会法など多くの議題が論議された。(5)第5回(1512‐17) ユリウス2世Julius IIが反教皇的なピサ公会議(1511)に対抗するために開催したが,緊急に必要とされる改革はほとんど手をつけられずに終わった。【今野 国雄】。…

※「ユリウス[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ユリウス[2世]の関連キーワード教授段階政教社特命全権大使北陸新幹線及び難い外交大権外交的保護視学官聞及びJSAE

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone