コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリエフ修道院 ユリエフシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

ユリエフ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ユリエフ修道院】

Yuryev monastïr'Юрьев монастырь》ロシア連邦北西部、ノブゴロド州の都市ノブゴロドの南郊にある修道院。ボルホフ川沿いに位置する。11世紀にエストニでの戦勝を記念し、ヤロスラフ1世により創設。ロシア最古の修道院の一つ。中央のゲオルギー聖堂には建造当初の12世紀に描かれたフレスコ画が残っていることで知られる。1992年、「ノブゴロドと周辺の歴史的建造物」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ユーリエフ修道院。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ユリエフ修道院の関連キーワードヤロスラフ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android